PC Ubuntu

【WSL】(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuをインストールする方法

【WSL】(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuをインストール

今回は、「Ubuntu 18.04 LTS」をインストールします。
まだ、WSLを有効化していない方はこちらの記事をどうぞ

インストールの方法

Ubuntuのインストール

タスクバーの検索欄に「Microsoft Store」と入力します。
検索結果に表示されたアプリを選択します。

検索欄に「ubuntu」と入力します。
いくつか候補が出てくると思いますが、
今回は「Ubuntu 18.04 LTS」を選択します。

「インストール」をクリックします。
※Microsoftのサインインの画面が表示されますが、不要なので閉じましょう。

インストール完了後、「起動」をクリックします。

起動後は次のような画面になるので、少し待ちます。

しばらく待つと、「ユーザー名」「パスワード」「パスワード(確認用)」を求められます。
入力が完了すると、ひとまずインストールの完了になります。

更新と設定

aptの更新

aptとは「Advanced Package Tool」の略で、パッケージ管理システムです。

aptの更新を行う前にrootユーザーのパスワードを設定します。
次のコマンドを実行します。
ここでは先ほど入力したパスワードを入力します。
次にrootユーザー用の「パスワード」「パスワード(確認用)」を入力します。


sudo passwd root

次にaptのアップデート、アップグレードを行います。


sudo apt update
sudo apt upgrade -y

ポイント

「apt update」はインストール可能なパッケージの一覧を更新します。
「apt upgrade」はインストール済みのパッケージを更新します。
オプションの「-y」は確認等をすべて「はい」で進めるという意味です。
「sudo」は、root権限で実行するという意味になります。

Ubuntuの日本語化

次のコマンドを実行します。


sudo apt install -y language-pack-ja manpages-ja manpages-ja-dev

ポイント

「language-pack-ja」で日本語化します。
「manpages-ja manpages-ja-dev」でマニュアルの日本語化をします。

ロケールの変更

次のコマンドを実行します。


sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8

設定の確認

Ubuntuの再起動後、以下のコマンドを実行して
設定が正しいか確認しましょう。
※再起動方法はこちら

Linuxのver確認


cat /etc/os-release


ロケールの確認


echo $LANG


日本語化の確認


man ls 


日付の確認(JST)


date


これで更新・設定を完了します。
最低限の設定なので、必要に応じて設定を追加してください。

次回からの起動方法

次回からの起動は、タスクバーの検索欄に「ubuntu」と入力すると、
アプリが出てくるのでそちらを選択しましょう。

みるはぴ

インストールは簡単でしたね。
ちなみに「Ubuntu 20.04 LTS」を選択しなかったのは、
WSLのverによって不具合が起こるという記事を見たからです。
そのうち改善されるそうなので、それまで様子見です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-PC, Ubuntu

© 2022 みるはぴ.com