開発環境・ツール

【WSL】Windows Subsystem for Linuxを有効化する方法

【WSL】Windows Subsystem for Linuxを有効化する

Windowsの環境でLinuxを触りたくなったので、導入してみます。

設定方法

画面左下のWindowsのアイコンを右クリックして、
アプリと機能」を選択します。

画面右の関連設定「プログラムと機能」をクリックします。
※関連設定が表示されていない場合は、下にスクロールして探してください。

画面左の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

少し下にスクロールして「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れて
「OK」ボタンをクリックします。

次の画面が表示されるので、完了するまで待ちます。

完了後に再起動をして有効化の設定は完了です。

みるはぴ

これでWSLを有効化することが出来ました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-開発環境・ツール

© 2022 みるはぴ.com