PC Windows

【Windows10】iphoneから取り込んだMOV形式の動画を再生する方法

MOV形式の動画を再生する方法

導入前に

3つの選択肢から選ぶ

MOV形式の動画を再生する方法は、以下の3つがオーソドックスです。
今回は「MicroSoft Store」からコーデックを購入(インストール)します。

  • MicroSoft Storeからコーデック(HEVC ビデオ拡張機能)をインストール
  • フリーソフトをインストール
  • 無料コーデックをインストール

採用・却下した理由

3つある選択肢の中で、採用した理由、却下した理由を説明します。

有料コーデックを選んだ理由

公式という安心感が120円で買えること、
また「Windows Media player」で再生できるので余計なものを入れずに済み、
動画のサムネイルも表示されるので、こちらに決めました。
唯一お金が掛かる方法ですが、PCの安全を考えると一番無難な選択になると思います。

無料コーデック選ばなかった理由

「K-Lite Codec Pack」など
調べればすぐに出てくる定番のものがありましたが
不慣れな方では、インストール時に不要なものまで入れてしまう事があるようです。
マルウェアに感染するなどという記事もいくつか見かけました。
真偽は不明ですが、安全性の問題で却下しました。

フリーソフトを選ばなかった理由

「VLC」など定番のプレイヤーなどで、
無料で再生することもできますが動画のサムネイルの表示が無かったり、
使い勝手の問題もあり却下しました。

HEVC ビデオ拡張機能の導入

必要なもの

  • Microsoftアカウント(無料)
  • 120円(HEVC ビデオ拡張機能の購入費用)

※以前は無料で導入できたようですが、現在は有料となっています。

支払いは「クレジットカード」「Windowsストアプリペイドカード」のどちらかになります。
プリペイドカードはセブンイレブンのマルチコピー機から購入が出来ます。
詳細はこちらの公式サイトをご確認ください。
※プリペイドカードは1000円からの購入になるので、
きっちり払う場合は「クレジットカード」での支払いをオススメします。

導入手順

タスクバーの検索欄に「Microsoft Store」と入力します。
検索結果に表示されたアプリを選択します。

検索欄に「HEVC ビデオ拡張機能」と入力します。

「購入」をクリックします。
ここでMicrosoftアカウントへのログインが求められるので
ログイン後に任意の方法で支払いを完了させましょう。

みるはぴ

支払いが済み、インストールが完了すれば
「Windows Media player」で「MOV」形式の動画が再生できるようになります。
別PCでもアカウントが共通であれば今回購入したコーデックが使用できるので、複数PCを所持している方も安心です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-PC, Windows

© 2022 みるはぴ.com