PHP プログラミング

【PHP入門】配列(array)、連想配列、多次元配列の使い方

配列と連想配列について

みるはぴ

配列(array)の説明をしていきます。
配列とはデータの集まりだと思ってください。
また配列には「配列」と「連想配列」があります。
細かい説明より、まずはどんなものか見てみましょう。

配列と連想配列の記述方法


// 配列の記述方法 ※PHP 5.4 以降で対応
$fruits = ['りんご','みかん','メロン','すいか'];

// ※PHP 5.4 以前での書き方
$fruits = array( 'りんご','みかん','メロン','すいか' );

// 連想配列の記述方法
$fruits = [
  'apple'  => 'りんご',
  'orange' => 'みかん',
  'melon'  => 'メロン',
  'watermelon' => 'すいか'
 ];

// ※PHP 5.4 以前での書き方
$fruits = array(
  'apple'  => 'りんご',
  'orange' => 'みかん',
  'melon'  => 'メロン',
  'watermelon' => 'すいか'
 );

ポイント

配列には「key」と「value」という概念があります。
「key」とは「インデックス(添字)」と呼ばれるデータを識別する為の情報です。
「インデックス(添字)」は配列にデータを格納した後に必要になります。
通常の配列は、データを入れた順番にインデックスが数値で「0」から順番に振られていきます。
それに対して連想配列は、任意のインデックス割り当てることが出来ます。
「りんご」は「apple」というように「インデックス」を割り当てることができます。
「インデックス」を割り当てる事で、より明確にデータへのアクセスが可能になります。

配列、連想配列のデータにアクセスする方法

みるはぴ

なんとなく配列というものが理解できたでしょうか
では実際に配列に格納したデータにアクセスしてみましょう。

配列のデータにアクセス


$fruits = ['りんご','みかん','メロン','すいか'];

echo $fruits[0]; // 出力結果 りんご
echo $fruits[1]; // 出力結果 みかん
echo $fruits[2]; // 出力結果 メロン
echo $fruits[3]; // 出力結果 すいか

注意ポイント

配列のインデックスは「1」からではなく「0」から始まることに注意してください。

連想配列のデータにアクセスする方法


$fruits = [
  'apple'  => 'りんご',
  'orange' => 'みかん',
  'melon'  => 'メロン',
  'watermelon' => 'すいか'
];

echo $fruits['apple']; // 出力結果 りんご
echo $fruits['orange']; // 出力結果 みかん
echo $fruits['melon']; // 出力結果 メロン
echo $fruits['watermelon']; // 出力結果 すいか

多次元配列について

みるはぴ

ある程度配列について理解できたところで、
「多次元配列」について説明していきます。
「多次元配列」とは、一つの変数の中に複数の配列があることを指します。

多次元配列の記述方法とアクセス方法


$fruits = [
  'apple'  => 'りんご',
  'orange' => 'みかん',
  'melon'  => 'メロン',
  'peaches' => 'もも'
];

$vegetables = [
  'carrots'  => 'にんじん',
  'cabbage' => 'キャベツ',
  'tomato'  => 'トマト',
  'onion' => 'たまねぎ'
];

// 空の配列を作成
$food = []:
// 上記で作成した配列を格納
$food[] = $fruits;
$food[] = $vegetables;

// データへアクセス
echo $food[0]['apple']; // 出力結果 りんご
echo $food[0]['orange']; // 出力結果 みかん
echo $food[0]['melon']; // 出力結果 メロン
echo $food[0]['peaches']; // 出力結果 もも

echo $food[1]['carrots']; // 出力結果 にんじん
echo $food[2]['cabbage']; // 出力結果 キャベツ
echo $food[3]['tomato']; // 出力結果 トマト
echo $food[4]['onion']; // 出力結果 たまねぎ

// 以下のようにインデックスを指定することも可能です。
$food = []:
// 配列を格納
$food['fruits'] = $fruits;
$food['vegetables'] = $vegetables;

echo $food['fruits']['apple']; // 出力結果 りんご
echo $food['vegetables']['carrots']; // 出力結果 にんじん


みるはぴ

今回は配列(array)について簡単に説明しました。
PHPを学んでいく上で配列はとても重要なものになるので、
しっかりと理解して進めていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-PHP, プログラミング

© 2022 みるはぴ.com