Laravel

Laravelでプロジェクトを作成する方法

Laravelでプロジェクトを作成する

プロジェクトの作成には「Laravelインストーラー」を使用するケースと
使用しないケースの両方を説明します。

Laravelインストーラーでプロジェクト作成

PHPはインストールされている前提で進めていきます。
インストーラーを使用しない方は、飛ばしてください。

Laravelインストーラーのインストール


# 「--prefer-dist」を付けて安定版をインストール
$ composer global require "laravel/installer" --prefer-dist


Laravelコマンドが使えるようにパスを通す


# .bashrcを編集
$ vi ~/.bashrc


# パスを追記
$ export PATH=$HOME/.composer/vendor/bin:$PATH


# 追記が完了したら変更内容を反映
$ source ~/.bashrc

次のコマンドでパスが通っていることを確認します。
ver表示されればOKです。


$ laravel -v


Laravelインストーラーでプロジェクトの作成

プロジェクトを作成したいディレクトリに移動する。


# 任意のディレクトリに移動
$ cd /path/to/Laravel

「laravel new プロジェクト名」で最新verでプロジェクトを作成


$ laravel new TestProject


プロジェクトのverを確認

作成したプロジェクト直下に移動して、次のコマンドでverを確認します。
最新のverで作成されていればOKです。


$ php artisan -V


インストーラーを使用せずにプロジェクト作成

プロジェクトの作成

次のコマンドで、Laravelのverを指定してプロジェクトを作成できます。
使用したいverがある場合はこちらで作成しましょう。


$ composer create-project "laravel/laravel=7.0" TestProject


プロジェクトのverを確認

作成したプロジェクト直下に移動して、次のコマンドでverを確認します。
指定したverで作成されていればOKです。


$ php artisan -V


作成したプロジェクトへアクセス

TOPページへアクセス

プロジェクトの作成が完了したので、
TOPページへアクセスしましょう。

作成したプロジェクト直下に移動して、次のコマンドを実行します。


# ローカルのサーバーを起動
$ php artisan serve

ブラウザから「http://127.0.0.1:8000」へアクセスします。
以下の画面が表示されれば導入完了です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Laravel

© 2022 みるはぴ.com